貸切バスの利用は計画的に

会社の従業員旅行や、保護者同伴で行動する子供たちのスポーツ合宿などは、大人数が一気に動かなければならない旅行となります。
この場合、公共の交通機関を利用することや自家用車を数台手配することも方法の一つではありますが、貸切バスを利用することも便利です。

貸切バスというと大型バスで動くイメージをもたれる人も多く、人数によっては費用が多くかかってしまうと思っている人もいるかもしれませんが、バスには大型バス、中型バス、小型バス、マイクロバスといくつもの種類があり、適切なバスを選ぶことによって費用をグッと抑えることができます。

バスの種類は、乗車人数と荷物の量、そして移動距離によって選ぶことが重要です。
乗車人数は、当然ながら行く人全てが乗らなければ意味がありませんが、30名ほどだからといって中型バスにすると、帰る時には荷物が沢山過ぎてトランクルームだけでは収まりきらず、座席周辺にもおいて狭い思いをしたということになりかねません。
こういった例は、正直あまり多くはありませんが、それでも、旅行先で爆買いするような予定があり、帰りは行きの倍以上の荷物になることが予測される場合には、ワンランク上の大型バスを選ぶことが賢明です。

また、小さければ小さい車ほど、長く乗っているのには不向きであり、乗っていても疲れてしまいます。
ですから、20名程しかいないからマイクロバスで良いと考えるのではなく、長い距離を乗るのだから中型バスにするという選択肢から選ぶことが有益です。